スタッフブログ
blog

福岡のキャリアコンサルタント・研修講師・定年は50歳から始まる―最終版

なぜ定年後になって初めて会社や仲間の大切さに気づくのか

 

しかし定年後に対して何も興味がないかと言えばそんなことはない。むしろ逆で、話し合いの節々で漠然とした不安や強い関心を感じることがある。
特に定年後を過ごしている先輩の具体的な事例を紹介すると、自分と重ね合わせることができるからだろう、より真剣な眼差しになる。
ただ普段は日常の業務をこなすことで忙しく、また毎月の給与ももらえるので、その関心や不安を先送りにしても不都合は生じない。

そして研修の中で、これから「10年後のありたい自分」に近づくためにどのような点に留意すべきかと議論すると、やはり「健康」と「経済的な安定」を挙げる人が多い。ただ、抽象的な発言に終始していて、行動につながるイメージはない。

彼らや彼女たちの発言から読み取れるのは、会社で長く働いているのが当たり前になっていて、組織を離れることがうまく想像できないということだ。会社勤めによって得ているものを意識できていないと言えばいいかもしれない。
そのため、会社に在籍していた時には不平不満ばかり述べていたのに、退職すると「会社員時代はよかった」と懐古する人が少なくない。
会社に行けば人に会える、若い人とも話ができる、遊び仲間・飲み友達もできる、規則正しい生活になるなど、彼らに聞けばいくらでも会社のメリットを口にする。特に男性社員にこの傾向が強い。男性と伍して仕事中心で働く女性社員も同様である。

研修でのやり取りで感じることは、会社はやはり共同体的な役割を持っているということだ。会社で働くことは仕事をこなすという機能的な面だけにとどまらない。
家族や地域といった従来の共同体の力が弱まっているなかで、会社組織がその役割の一部を補完している。居場所としての効能があるのだ。
福岡県 北九州市 飯塚市 直方市 飯塚市 宮若市 田川市等の筑豊地区 下関市 キャリアカウンセラー キャリア研修 中小企業支援 研修講師 部下育成 メンタル不調予防 キャリアコンサルタント 女性活躍推進コンサルタント 女性活躍 組織改革 離職防止 苅田町 行橋市等の京築地方 福岡市 粕屋郡 心理カウンセリング セラピスト NLPマスタープラクティショナー SPトランプインストラクター キャリア教育 東京都 TAカウンセラー 交流分析 エゴグラム実施 メンタルヘルス キャリアコンサルタント試験対策 キャリコン試験対策 ファシリテータ 研修 パワハラ防止 心理カウンセラー キャリアコンサルタント福岡

 

しかし、この会社という共同体は家族や地域と違って退職するまでという時限的なものであることが特徴だ。
人は何かを失うまではその存在を自覚できないので、定年後に会社やその仲間の大切さに気づくのである。

お問い合わせはお気軽に!

ご不明・ご不安な点など、
何でもお気軽にお問い合わせください。

TEL: 093-981-0244 093-981-0244
営業時間: 10:00~19:00 不定休(カレンダー参照)