スタッフブログ
blog

福岡のキャリア教育・キャリア教育・文部科学省ー7

幼稚園、小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校の
学習指導要領等の改善及び必要な方策等について(答申):平成28年12月21日ー7

第8章 子供一人一人の発達をどのように支援するか -子供の発達を踏まえた指導-

3.キャリア教育(進路指導を含む)

○ 第3章2.(3)においても指摘したように、子供たちに将来、社会や職業で必要とな る資質・能力を育むためには、学校で学ぶことと社会との接続を意識し、一人一人の社 会的・職業的自立に向けて必要な基盤となる資質・能力を育み、キャリア発達を促すキ ャリア教育の視点も重要である。

○ キャリア教育については、中央教育審議会が平成23年1月にまとめた答申「今後の 学校におけるキャリア教育・職業教育の在り方について」を踏まえ、その理念が浸透し てきている一方で、例えば、職場体験活動のみをもってキャリア教育を行ったものとし ているのではないか、社会への接続を考慮せず、次の学校段階への進学のみを見据えた 指導を行っているのではないか、職業を通じて未来の社会を創り上げていくという視点 に乏しく、特定の既存組織のこれまでの在り方を前提に指導が行われているのではない か、といった課題も指摘されている。また、将来の夢を描くことばかりに力点が置かれ、 「働くこと」の現実や必要な資質・能力の育成につなげていく指導が軽視されていたり するのではないか、といった指摘もある。

○ こうした課題を乗り越えて、キャリア教育を効果的に展開していくためには、教育課 程全体を通じて必要な資質・能力33の育成を図っていく取組が重要になる。小・中学校で は、特別活動の学級活動を中核としながら、総合的な学習の時間や学校行事34、特別の教 科 道徳や各教科における学習、個別指導としての進路相談等の機会を生かしつつ、学 校の教育活動全体を通じて行うことが求められる。高等学校においても、小・中学校に おけるキャリア教育の成果を受け継ぎながら、特別活動のホームルーム活動を中核とし、 総合的な探究の時間や学校行事、公民科に新設される科目「公共」をはじめ各教科・科 目等における学習、個別指導としての進路相談等の機会を生かしつつ、学校の教育活動 全体を通じて行うことが求められる。

○ このように、小・中・高等学校を見通した、かつ、学校の教育活動全体を通じたキャ リア教育の充実を図るため、キャリア教育の中核となる特別活動について、その役割を 一層明確にする35観点から、小・中・高等学校を通じて、学級活動・ホームルーム活動に 一人一人のキャリア形成と実現に関する内容を位置付けるとともに、「キャリア・パスポ ート(仮称)36」の活用を図ることを検討する。

○ 加えて、高等学校においては、「公共」において、教科目標の実現を図るとともに、キ ャリア教育の観点からは、特別活動のホームルーム活動などと連携し、インターンシッ プの事前・事後の学習との関連を図ることなどを通して、社会に参画する力を育む中核 的機能を担うことが期待されている。 また、高等学校の就業体験(インターンシップ)については、これまで主に高等学校 卒業後に就職を希望する生徒が多い普通科や専門学科での実習を中心に行われてきたが、 今後は、大学進学希望者が多い普通科の高等学校においても、例えば研究者や大学等の卒業が前提となる資格を要する職業も含めた就業体験(いわゆる「アカデミック・イン ターンシップ」)を充実するなど、それぞれの高等学校や生徒の特性を踏まえた多様な展 開が期待される。

○ 日常の教科・科目等の学習指導においても、自己のキャリア形成の方向性と関連付け ながら見通しを持ったり、振り返ったりしながら学ぶ「主体的・対話的で深い学び」を 実現するなど、教育課程全体を通じてキャリア教育を推進する必要がある。

○ キャリア教育は、子供たちに社会や職業との関連を意識させる学習であることから、 その実施に当たっては、地域との連携が不可欠である。各学校が育成を目指す資質・能 力を共有しながら、地域全体で子供の社会的・職業的自立に向けた基盤を作っていくこ とができるよう、第10章において述べるように、地域との連携・協働を進めていく必 要がある。

○ なお、進路指導37については、そのねらいはキャリア教育の目指すところとほぼ同じ であるものの、実際に学校で行われている進路指導においては、進路指導担当の教員と 各教科担当の教員との連携が不十分であったり、一人一人の発達を組織的・体系的に支 援しようとする意識や、教育課程における各活動の関連性や体系性等が希薄であったり することなどにより、子供たちの意識の変容や資質・能力の育成に結び付いていないと の指摘もある。各学校においては、これまでの進路指導の実践をキャリア教育の視点か らとらえ直し、その在り方を見直していくことが求められる。

 

福岡県 北九州市 飯塚市 直方市 飯塚市 宮若市 田川市等の筑豊地区 下関市 キャリアカウンセラー キャリア研修 中小企業支援 研修講師 部下育成 メンタル不調予防 キャリアコンサルタント 女性活躍推進コンサルタント 女性活躍 組織改革 離職防止 苅田町 行橋市等の京築地方 福岡市 粕屋郡 心理カウンセリング セラピスト NLPマスタープラクティショナー SPトランプインストラクター キャリア教育 東京都 TAカウンセラー 交流分析 エゴグラム実施 メンタルヘルス キャリアコンサルタント試験対策 キャリコン試験対策 ファシリテータ 研修 パワハラ防止 心理カウンセラー キャリアコンサルタント福岡 転職カウンセラー

お問い合わせはお気軽に!

ご不明・ご不安な点など、
何でもお気軽にお問い合わせください。

TEL: 093-981-0244 093-981-0244
営業時間: 10:00~19:00 不定休(カレンダー参照)