スタッフブログ
blog

福岡のキャリア教育・キャリア教育・方向性・最終版

幼稚園、小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校の
学習指導要領等の改善及び必要な方策等について(答申):平成28年12月21日ー最終版

第2部 各学校段階、各教科等における改訂の具体的な方向性

第1章.各学校段階の教育課程の基本的な枠組みと、学校段階間の接続

3.中学校

(1)中学校教育の基本

○ 中学校においては、義務教育を行う最後の教育機関として、教育基本法第5条第2項 が規定する「各個人の有する能力を伸ばしつつ社会において自立的に生きる基礎」及び 「国家及び社会の形成者として必要とされる基本的な資質」を卒業までに育むことがで きるよう、小学校教育の基礎の上に、中学校教育を通じて身に付けるべき資質・能力を 明確化し、その育成を高等学校教育等のその後の学びに円滑に接続させていくことが求 められている40。

(2)義務教育段階で求められる資質・能力の確実な育成を目指した教育課程の見直し

○ 小学校教育においては、学級担任が児童の生活全般に関わりながら、各教科等の学習 も含め児童の育ちを全般的に支えている41。中学校教育には、教科担任による各教科等 の専門性を踏まえた指導を通じて、小学校教育の成果を受け継ぎ、義務教育9年間の集 大成として、必要な資質・能力として確実に育てていくこととともに、生徒一人一人の 興味や関心に応じた学びを深め広げ、自らのキャリア形成の方向性を見いだし、高等学 校教育等のその後の学びにつなげていくという、極めて重要な役割が期待されている。

○ そのためには、中学校教育を通じて育むことを目指す資質・能力を明確にし、「主体的・ 対話的で深い学び」を通じて確実に育んでいくことが求められる。各教科等においては、例えば前述2.(2)の言語能力の育成と国語教育、外国語教育の改善・充実などは、小 学校だけに求められるものではなく、中学校や高等学校においても重視・充実される必 要がある。また、後述の2.以降で示すとおり、例えば社会科において、高等学校地理 歴史科に「歴史総合」が設置されることを受け、我が国の歴史に関わる世界の歴史の学 習を充実させ、広い視野を持って我が国の歴史の理解を促すことや、外国語教育に関し て、指導する語彙数を、実際のコミュニケーションにおいて必要な語彙を中心に充実し ていくこと42などとしている。

○ こうした各教科等の充実に加えて、教科等横断的な視点からの学習の充実が必要であ る。特に、教科担任制を採る中学校においては、学年間の縦の連携に加え、教科等横断 的な意識を教員それぞれが持つことが重要であり、校内の研修体制の充実なども、教科 等横断的な視点から図っていくことが求められる。

(3)教育課程を軸とした中学校教育の改善・充実

①多様化する課題に対応するためのカリキュラム・マネジメントの実現

○ 中学生の時期は、思春期に入り、親や友達と異なる自分独自の内面の世界があること に気付きはじめるとともに、自意識と客観的事実との違いに悩み、様々な葛藤 かっとう の中で、 自らの生き方を模索し始める時期である。また、大人との関係よりも、友人関係に自ら への強い意味を見いだす。さらに、親に対する反抗期を迎えたり、親子のコミュニケー ションが不足したりしがちな時期でもあり、思春期特有の課題が現れる。生徒指導に関 する問題行動などが表出しやすいのが、思春期を迎えるこの時期の特徴である。

○ このように、発達の段階に応じて多様化する課題に対して、各中学校ではこれまでも 生徒指導主事、進路指導主事等の校務分掌を担当する教員を中心に、生徒一人一人の発 達をきめ細かに支える熱心な取組が展開されてきたところである。今後は、カリキュラ ム・マネジメントを軸としながら、各学校が直面する課題にどのように対応し、子供た ちにどのような資質・能力を育むことを目指すのかを、学校教育目標や育成を目指す資 質・能力として明確にし、全ての教職員や地域が課題や目標を共有して対応していくこ とが重要になる。また、各学校が行う進路指導や生徒指導、学習指導等の意義を、子供 たちの発達を支え、資質・能力を育成するという観点から捉え直すことにより、更なる 効果的な取組の充実を図っていくことが求められる。

○ また、中学生の時期は、生徒自身の興味・関心に応じて、部活動などの教育課程外の 学校教育活動や、地域の教育活動など、生徒による自主的・自発的な活動が多様化していく段階にある。少子化や核家族化が進む中にあって、中学生が学校外の様々な活動に 参加すること43は、ともすれば学校生活にとどまりがちな生徒の生活の場を地域社会に 広げ、幅広い視野に立って自らのキャリア形成を考える機会となることも期待される。

○ このように、教育課程外の学校教育活動や地域主体の教育活動と、教育課程とを有機 的に関連付けていくことは、生徒に多様な学びや経験の場を保障し、一人一人が多様な 分野の学びや社会とのつながりを実感しながら、自分の興味・関心を深く追究する機会 を実現し、人生を切り拓 ひら いていくために必要な資質・能力を身に付けていくことにつな がる。そのためには、「社会に開かれた教育課程」の理念の下、学校と家庭、地域が、生 徒にどのような資質・能力を育成することを目指すのかという教育目標を共有しながら、 それぞれの役割を認識し、共有した目標に向かって、共に活動する協働関係を築いてい くことが重要である。

○ また、教育課程内外の活動が相乗効果を持って生徒の資質・能力の育成に資するもの となるよう、教育課程外の活動についても、生徒の「主体的・対話的で深い学び」の実 現を共に目指すことが重要である。生徒の学びと生涯にわたるキャリア形成の関係を意 識しながら、短期的な学習成果のみを求めたり、特定の活動に偏ったりするものとなら ないよう、その実施形態や活動時間の適切な設定など、生徒のバランスの取れた生活や 成長に配慮していくことが求められる。

 

福岡県 北九州市 飯塚市 直方市 飯塚市 宮若市 田川市等の筑豊地区 下関市 キャリアカウンセラー キャリア研修 中小企業支援 研修講師 部下育成 メンタル不調予防 キャリアコンサルタント 女性活躍推進コンサルタント 女性活躍 組織改革 離職防止 苅田町 行橋市等の京築地方 福岡市 粕屋郡 心理カウンセリング セラピスト NLPマスタープラクティショナー SPトランプインストラクター キャリア教育 東京都 TAカウンセラー 交流分析 エゴグラム実施 メンタルヘルス キャリアコンサルタント試験対策 キャリコン試験対策 ファシリテータ 研修 パワハラ防止 心理カウンセラー キャリアコンサルタント福岡 転職カウンセラー

お問い合わせはお気軽に!

ご不明・ご不安な点など、
何でもお気軽にお問い合わせください。

TEL: 093-981-0244 093-981-0244
営業時間: 10:00~19:00 不定休(カレンダー参照)