スタッフブログ
blog

福岡のキャリアコンサルタント・社内に残るか外に出るか「納得解」を求めよう−1

社内に残るか外に出るか「納得解」を求めよう−1

サラリーマンの最大のリスクは「上司」

Q)どうしても苦手な上司がいます。この上司がいずれ役員になっていくのかと思うと、その下でずっと働くことができるかどうか自信がありません。

A)規模の大小に関係なく、組織にいることの大きなリスクは「上司」の存在です。サラリーマンである以上、上司が間違いなく幸せの半分のカギを握っていると私は考えています。そして40歳よりも45歳、45歳よりも50歳と、年齢が上がれば上がるほど、リスクはドンドン大きくなります。
若いうちは、たとえ直属の上司と気が合わなくても、異動や配置転換で環境が変われば、新しい上司からチャンスをもらうことができます。しかし、昇進するにつれて異動できる場所は限られていき、評価を下す上司の顔ぶれもだんだん決まってきます。
そして晴れて部長になったとき、常務や専務と合わなければ、「アイツはダメだ」と烙印を押されて「終わり」。一度下された評価は二度と覆らないまま、退職までの長い時間を過ごすことになります。
組織の中で生きることを選び、上を目指す道ももちろんあります。私はその道を進むことを否定はしません。ただしそうなら、取締役にまで上り詰めることを目指すべきです。
日本の企業社会はあまりこのことに触れませんが、たとえ気心の知れた同期であっても、いっぽうが取締役、片方がただの管理職であるとき、両者の間には、身分や待遇に関する歴然とした差があります。そこまで上り詰めれば、会社人生は成功をみるのです。
しかし、そこに適性を発揮できる人が実際にはどれくらいいるでしょうか。実のところ、7~8割くらいの人は向いていないのではないかと私は思います。であるなら、もっと多様なフィールドで、自分に向いている場所に早く足を向けたほうがいいかもしれません。
「転職・独立」と「組織にとどまること」のリスクは、40代半ば以上からは、ほぼ同じと考えてもいいのではないでしょうか。

福岡県 北九州市 飯塚市 直方市 飯塚市 宮若市 田川市等の筑豊地区 下関市 キャリアカウンセラー キャリア研修 中小企業支援 研修講師 部下育成 メンタル不調予防 キャリアコンサルタント 女性活躍推進コンサルタント 女性活躍 組織改革 離職防止 苅田町 行橋市等の京築地方 福岡市 粕屋郡 心理カウンセリング セラピスト NLPマスタープラクティショナー SPトランプインストラクター キャリア教育 東京都 TAカウンセラー 交流分析 エゴグラム実施 メンタルヘルス キャリアコンサルタント試験対策 キャリコン試験対策 ファシリテータ 研修 パワハラ防止 心理カウンセラー キャリアコンサルタント福岡 転職カウンセラー ポジティブ心理学

お問い合わせはお気軽に!

ご不明・ご不安な点など、
何でもお気軽にお問い合わせください。

TEL: 093-981-0244 093-981-0244
営業時間: 10:00~19:00 不定休(カレンダー参照)