スタッフブログ
blog

福岡のキャリアコンサルタント・面接官のハートをつかむ転職の「自己PR」必勝法−1

面接官のハートをつかむ転職の「自己PR」必勝法−1

40代以上の経営幹部クラスの方でも、転職経験が少なければ「自己PRの方法がわからない」という方がたくさんおられます。履歴書は簡潔にまとめられても、職務経歴書の表現は一段と難しく、面接での自己PRとなるとさらに難易度が上がります。エグゼクティブ転職の自己PRは、いったい何に気をつけるべきなのでしょうか?

「まじめで礼儀正しく、頭脳明晰な、空っぽ」

先日、売り上げ30億円規模の医薬品製造の上場企業で、営業部長職として勤務されている48歳のAさんと、キャリア相談の件でお会いしました。年齢を感じさせないくらいとてもさわやかで魅力的な笑顔、会話の仕方、ポイントを突いた回答など、かなり仕事ができる方、という第一印象でした。職務経歴書には、数々のプロジェクトの成功が、売上金額や達成率、シェア改善などの数字とともに見事に並んでいます。
ただ、じっくり話を伺っていくと、いくつか気になるポイントがありました。
1つめは、過去の転職歴が6社と比較的多く、その時々の転職理由に受動的なものが多かったこと。「入社前に聞いていた営業戦略がトップの方針変更で実現できなくなった(営業部長を1年で退職)」や、「思った以上に長時間労働で、体力的にもたなくなった(事業部長を1年半で退職)」など、職責の大きさと退職理由にギャップがあることに違和感を持ちました。
もし営業部長として入社されたなら営業戦略の意思決定に権限責任を持っているはずだし、事業部長であれば、自分だけでなく組織全体の労働時間の在り方なども逆に自ら改善していくべきではないか、といった疑問です。ひと言でいうと「自分に権限があるにもかかわらず他責的」ということです。
2点目は、職務経歴書に書かれた輝かしい業績に対するご自身の関与度が、具体的に語られなかったことです。管理職以上の方であれば、当然、個人としての業績ではなく、担当組織全体の結果が問われるのは当然です。その業績結果を生み出すために、責任者としてどう関わり、どのように戦略を練り、戦術的な工夫をしたのか、という部分がすっぽり抜け落ちていたため、リアリティーが感じとれませんでした。
そして3点目が、これまでの仕事とこれからやっていきたいことの中に、ご自身の意思が盛り込まれた発言が少なかったこと。長いビジネスキャリアを通じてやり遂げてきたことや身に付けてこられた力量を使って、残り20年という仕事人生の最終フェーズで「何をやりたいのか?」「どんな結果を生み出したいのか?」というご自身の本音は、ほとんど表現されることがありませんでした。

いくつか角度を変えて質問をしても、職務経歴書に書かれている抽象度の高い“きれいな言葉”が繰り返されるだけでした。ご本人もこちらの意図に応えようとしてくださるのですが、生々しい言葉や本音がうまく表現できず、苦しいご様子でした。話題を変えて、現在の活動状況を伺うと、15社に応募して面接まで進んだのが4社、どれも結果が芳しくないとのこと。

「今後、うちでどんなことをやっていきたいのか、という質問を面接で聞かれませんでしたか?」と伺うと、「確かに同じニュアンスの質問は4社ともありましたが、なかなかうまく答えられませんでした」ということでした。不採用になった1社からは転職エージェント経由で「まじめで礼儀正しく、頭脳も明晰(めいせき)、コミュニケーションも優れているが、ご自身の意思は空っぽなのではないか」という不採用理由を聞かされショックを受けた、と正直に話してくださいました。

福岡県 北九州市 飯塚市 直方市 飯塚市 宮若市 田川市等の筑豊地区 下関市 キャリアカウンセラー キャリア研修 中小企業支援 研修講師 部下育成 メンタル不調予防 キャリアコンサルタント 女性活躍推進コンサルタント 女性活躍 組織改革 離職防止 苅田町 行橋市等の京築地方 福岡市 粕屋郡 心理カウンセリング セラピスト NLPマスタープラクティショナー SPトランプインストラクター キャリア教育 東京都 TAカウンセラー 交流分析 エゴグラム実施 メンタルヘルス キャリアコンサルタント試験対策 キャリコン試験対策 ファシリテータ 研修 パワハラ防止 心理カウンセラー キャリアコンサルタント福岡 転職カウンセラー ポジティブ心理学
就活 就職活動 大学生就職支援 高校生就職支援 転職支援 中高年就職支援

お問い合わせはお気軽に!

ご不明・ご不安な点など、
何でもお気軽にお問い合わせください。

TEL: 093-981-0244 093-981-0244
営業時間: 10:00~19:00 不定休(カレンダー参照)