スタッフブログ
blog

福岡の中小企業支援・若手社員の「自分がやりたい仕事と違う!」が起きる理由−最終版

若手社員の「自分がやりたい仕事と違う!」が起きる理由−最終版

「やりたい仕事」病から脱するためにどのように促せばいいのか

 そんな悩みを抱える学生に対し、私は発想の転換を促し、「『やりたい仕事』探しなど上手くいかなくてもいい。そして、就職したら目の前の課題に没頭して、知識を深め、能力を高め、経験値を高め、できることを増やすようにしなさい」とアドバイスしている。
 次のような学生たちの声は、若手教育の参考にもなるのではないだろうか。
「私は、やりたいこともないし、これをしたいという仕事もありません。周りの人たちが『こういう仕事がやりたい』って、はっきり言っているのを見て、やりたいことがない自分はおかしいのかと思い、自信を失くしていました。こんなことでは就職なんてできるわけないと落ち込んでいたのです。ところが、今日の授業で『やりたい仕事がなくてもいい』と聞いて、ちょっと安心しました。自信喪失から脱出できそうな気になれました」
「『できることや経験が増えるとやりたいことが変わる。やりたいことや好きなことは頑張って探すものではなく、頑張った先に出てくるものではないか』っていう先生の言葉が心に響いた」
「今まさに、自分はやりたいことをいくら探しても見つからない状態で、とても不安でした。でも、先生の言葉を聞いて、無理に探そうとせずに、いろんな経験をしていけばいいんだと思うと、気持ちが楽になりました」
 キャリア教育によって生み出される「やりたい仕事」へのこだわりは、多くの若者をかえって苦しめているのである。
 以上のようなことを踏まえて、企業側の面接の仕方が変われば、キャリア教育を正常化することもできるのではないだろうか。
 さらに言えば、企業が面接で「やりたい仕事」へのこだわりを重視するあまり、結果的に目の前の仕事に没頭する力のある有望な人を意外にも見落としているのではないか。
 経営者や管理職は「やりたい仕事」病の感染が疑われる若手社員の不満に対し、社員教育や個別の相談を行うにあたって、「やりたい仕事」病の呪縛を解く姿勢が求められていることを強調したい。
※本稿は実際の事例に基づいて構成していますが、プライバシー保護のため社名や個人名は全て仮名とし、一部に脚色を施しています。ご了承ください。福岡県 北九州市 飯塚市 直方市 飯塚市 宮若市 田川市等の筑豊地区 下関市 キャリアカウンセラー キャリア研修 中小企業支援 研修講師 部下育成 メンタル不調予防 キャリアコンサルタント 女性活躍推進コンサルタント 女性活躍 組織改革 離職防止 苅田町 行橋市等の京築地方 福岡市 粕屋郡 心理カウンセリング セラピスト NLPマスタープラクティショナー SPトランプインストラクター キャリア教育 東京都 TAカウンセラー 交流分析 エゴグラム実施 メンタルヘルス キャリアコンサルタント試験対策 キャリコン試験対策 ファシリテータ 研修 パワハラ防止 心理カウンセラー キャリアコンサルタント福岡 転職カウンセラー ポジティブ心理学 就活 就職活動 大学生就職支援 高校生就職支援 転職支援 中高年就職支援

お問い合わせはお気軽に!

ご不明・ご不安な点など、
何でもお気軽にお問い合わせください。

TEL: 093-981-0244 093-981-0244
営業時間: 10:00~19:00 不定休(カレンダー参照)