スタッフブログ
blog

福岡のキャリアコンサルタント・コロナで売り手市場一変 来年の就活はもっと過酷?−2

コロナで売り手市場一変 来年の就活はもっと過酷?−2

インターンにも影響

新型コロナは早くも次年度の就活にも影響を与え始めているようだ。
「3年生向けのインターンがゴールデンウイークにあると先輩に聞いていたのに……」。こう嘆くのはメディア業界を志望する都内私大3年の男子学生。当てにしていた早期インターンの告知が今のところなく、早くも就活戦線に不安を隠せない様子だ。
就活のアピールのため受けようとしていた英語能力テスト「TOEIC」は6月まで中止になった。大学で有志で開いていたメディア試験向けの作文セミナーも、4月にキャンパスが閉鎖されできなくなった。
大学の春学期は当初7月半ばまでの予定だったが、8月半ばまで延びることに。インターンは8月前半に実施するところも多いので、テストの日程と重なってしまう。「インターンは採用にもつながるので、なんとしても出たいのですが……」。不安は募るばかりだ。
では21年卒の就活はどうなるか。当初の7都府県から16日には全国に拡大された緊急事態宣言を受け、既に一部の大手企業ではエントリーシートの締め切りを遅らせたり、ウェブ上を含む面接選考をいったん停止したりする動きが出ている。
ディスコが3月下旬に実施した企業向け調査によると、採用活動を終える時期については当初の予定通りと答えた企業は24%にとどまり、「大幅に遅れる見込み」「やや遅れる見込み」が合わせて52%と半数を超えた。

さらに21年卒の採用予定数を当初計画から下方修正する見込みだと答えた企業は9%、昨年より減らすとした企業は17%に達する。業績悪化の懸念から企業の経営層からは採用を抑制しようと考える動きも出ているようだが「まだ末端の人事担当者にはその情報が下りてきていない状態だ」(採用コンサルタントの谷出正直氏)。現状は1次、2次と順調に初期面接を突破したとしても「最終面接でごっそり落とされる可能性もある」(谷出氏)との見方もある。
慶応大4年の男子学生は「内定切りのリスクに備えるために、10月の内定式まで、今持っている内定はできる限りホールドするつもりだ」と話す。厚生労働省によると新型コロナの影響で20年卒の内定を取り消した企業数は17日時点で32社で、大卒などの人数は計74人に上る。内定を入社直前まで複数持ち続ける動きは「リーマン・ショック後に多く見られた」(谷出氏)といい、今年も自己防衛に走る就活生が増えそうだ。
異例の状況下での就活。オンラインのOB・OG訪問や就活相談のサービスを利用するなど尽くす手はまだある。この状況を悲観するのではなく、今できることを着々とこなしていくことが重要だ。福岡県 北九州市 飯塚市 直方市 飯塚市 宮若市 田川市等の筑豊地区 下関市 キャリアカウンセラー キャリア研修 中小企業支援 研修講師 部下育成 メンタル不調予防 キャリアコンサルタント 女性活躍推進コンサルタント 女性活躍 組織改革 離職防止 苅田町 行橋市等の京築地方 福岡市 粕屋郡 心理カウンセリング セラピスト NLPマスタープラクティショナー SPトランプインストラクター キャリア教育 東京都 TAカウンセラー 交流分析 エゴグラム実施 メンタルヘルス キャリアコンサルタント試験対策 キャリコン試験対策 ファシリテータ 研修 パワハラ防止 心理カウンセラー キャリアコンサルタント福岡 転職カウンセラー ポジティブ心理学 就活 就職活動 大学生就職支援 高校生就職支援 転職支援 中高年就職支援

お問い合わせはお気軽に!

ご不明・ご不安な点など、
何でもお気軽にお問い合わせください。

TEL: 093-981-0244 093-981-0244
営業時間: 10:00~19:00 不定休(カレンダー参照)