スタッフブログ
blog

福岡の女性活躍カウンセラー・法改正に合わせて進めよう女性活躍とハラスメント防止−2

法改正に合わせて進めよう女性活躍とハラスメント防止−2

●取り組みの裾野を広げ「見える化」を促進

 女性活躍推進法の改正は、前回の2015年の改正から3年後の見直しの時期を迎え、さらなる推進に向けて対策の強化を図ることが目的でした。

 改正のポイントは3つあります。

 1つ目は、女性活躍の取り組みの裾野を広げるため、行動計画策定・情報公表の義務の対象事業主の範囲を常用労働者数301人以上から101人以上までに拡大したこと。

 2つ目は、女性活躍の状況の見える化を促進するため、301人以上の事業主について情報公表の内容を強化したこと。

 3つ目は、取り組みが優良な企業の認定制度の「えるぼし」よりも水準の高い「プラチナえるぼし」認定を設け、行動計画策定の免除や公共調達での上乗せ加点評価などのメリットを付与したことです。

 1つ目の行動計画は、自社の女性管理職比率や労働者の各月ごとの平均残業時間数などの4つの基礎項目を把握し、女性活躍に関する課題を分析したうえで、課題に応じた取り組みと数値目標を盛り込んで策定します。策定後は、都道府県労働局への届出と外部への公表、労働者への周知を図ってもらいます。

 2つ目の情報公表の内容強化については、これまで一定項目のなかから1項目を公表すればよしとしていたのを、職業生活に関する機会の提供(=働きがい)と、職業生活と家庭生活の両立(=働きやすさ)の各項目から1つ以上、計2つ以上の項目を公表することを義務づけました。

 女性が活躍し続けていくためには、「働きがい」と「働きやすさ」を両輪とするバランスのとれた取り組みを推進することが不可欠だからです。

 女性活躍を実現するためには、女性の働き方だけに焦点を当てるのではなく、長時間労働の是正など企業全体の働き方改革を進めることが重要ですので、労働者一人ひとりが自分ごととして捉えられるような形で、男性も女性も働きやすい、働きがいのある職場づくりをめざしてほしいと思います。

●相談体制の確立などパワハラ防止措置を義務づける

 労働施策総合推進法などの改正のポイントは、職場におけるパワハラについても、セクハラや妊娠・出産・育児休業などに関するハラスメントと同様に、事業主に対し相談体制の整備などの防止措置を講じることを義務づけたことです。併せてセクハラなどの防止対策も強化しました。

 パワハラは相手の人格や尊厳を傷つける、あってはならないものですが、業務上必要かつ相当な指導との線引きが難しい面もあります。そうした点に留意しながら、パワハラのない職場づくりと円滑な業務運営・人材育成の両立を図っていくことが重要です。

 パワハラ防止のための指針では、パワハラの定義の考え方や、事業主が講ずべき予防から再発防止までの措置内容を具体的に示しています。厚生労働省のホームページでリーフレットやパンプレットも掲載していますので確認してみてください。

<取り組みを進めるうえでのポイント>

 女性活躍に関する取り組みでは、単に計画をつくるだけでなく、企業のトップが積極的に関与し、PDCAをきちんと回すことが重要です。パワハラ防止措置義務に関する指針では、就活生やフリーランスなど自社の労働者以外への言動や取引先など社外の人からの言動についても望ましい取り組みを記載していますので、積極的な取り組みをお願いします。

福岡県 北九州市 飯塚市 直方市 飯塚市 宮若市 田川市等の筑豊地区 下関市 キャリアカウンセラー キャリア研修 中小企業支援 研修講師 部下育成 メンタル不調予防 キャリアコンサルタント 女性活躍推進コンサルタント 女性活躍 組織改革 離職防止 苅田町 行橋市等の京築地方 福岡市 粕屋郡 心理カウンセリング セラピスト NLPマスタープラクティショナー SPトランプインストラクター キャリア教育 東京都 TAカウンセラー 交流分析 エゴグラム実施 メンタルヘルス キャリアコンサルタント試験対策 キャリコン試験対策 ファシリテータ 研修 パワハラ防止 心理カウンセラー キャリアコンサルタント福岡 転職カウンセラー ポジティブ心理学 就活 就職活動 大学生就職支援 高校生就職支援 転職支援 中高年就職支援

お問い合わせはお気軽に!

ご不明・ご不安な点など、
何でもお気軽にお問い合わせください。

TEL: 093-981-0244 093-981-0244
営業時間: 10:00~19:00 不定休(カレンダー参照)