スタッフブログ
blog

福岡の中小企業支援コンサルタント・コロナ長期戦 社員のメンタルヘルスにどう向き合うか-2

コロナ長期戦 社員のメンタルヘルスにどう向き合うか-2

雇用確保など社会的な健康面が重要
 

人間は安全と健康が守られないと落ち着いて目の前のことに集中ができない。そうした条件が確保されないとメンタルの不調につながることが少なくない。それには働く人の社会的な要因が影響する。
 

人間の健康は主に3つの側面で規定されるが、精神的な健康と身体的な健康に加えて、社会的な健康が密接に関係している。この社会的な健康が損なわれると精神的な健康が容易く損なわれる。
 

孤独は心身の健康に影響する大きなファクターであり、失業は自殺のリスクの一つであることが医学的に知られている。バブル崩壊以降の自殺者の増加はその傾向を示している可能性がある。
 

ほとんどの企業では想定外の売り上げ減に見舞われている可能性があると思うが、安易な人員整理はその後の影響が甚大である。
 

人件費負担を減らすためにこれまで雇用の非正規化を進めてきた企業が多いと思うが、その点を改めて経営幹部として考える必要があるのではないか。
 

欧米における職場のメンタルヘルスの分野では、最大の職場ストレスの一つに経営者や経営幹部が“説明を尽くさない”ことが注目されてきた。
 

新型コロナの流行前から実は有名大手企業でも大幅ないわゆるリストラが行われている。その中で、事業売却や人員整理が社内への説明の前に報道によって従業員が知ってしまう、という事態が起きる。しかるべき立場の人がこれを当事者となる従業員にしっかりと説明しない、という例もある。
 

これらは極端なケースだという印象を持つ方も少なくない、とも想像するが、多くの働く人は売り上げ減だったり、消費が蒸発してしまったりといった問題を現場で感じているのではないか。雇用や先行きに不安を覚えるのは自然な反応であろう。
 

そうした状況を踏まえて、経営幹部として、5月後半から6月のなるべく早い時期に、少なくとも管掌している部門の従業員に対して、ご自分の言葉で自社の状況と今後の見通しをお話しいただきたいと思う。
 

出来うるならば、雇用を確保し、不安を感じる必要がないことを、数カ月ごとの自粛と緩和のサイクルの連続、最終的な終息時期のめどと共に説明して頂ければと考える。そのことは従業員のメンタルヘルスに必ず良い影響を及ぼすからである。

 

経営幹部は2年後見据えた戦略を
 新型コロナが最終的な終息した後、自社とそれを取り巻く環境について、いかなる見通しを持っておられるだろうか?
 有事とも称されるこの事態に経営幹部として、説明責任に加えて、結果責任を担う大変さはいかほどかと思う。拙いながら自身がベンチャーの創業社長を務めた経験から、そうした大変さは理解できるが一方で実は個人的には楽観的なところもある。
 働き方改革で求められてきたが、進まなかったテレワークは今後、劇的に進むであろうし、事業運営の在り方は無駄の削減を含めて格段に進歩する可能性もあると思うからである。福岡県 北九州市 飯塚市 直方市 飯塚市 宮若市 田川市等の筑豊地区 下関市 キャリアカウンセラー キャリア研修 中小企業支援 研修講師 部下育成 メンタル不調予防 キャリアコンサルタント 女性活躍推進コンサルタント 女性活躍 組織改革 離職防止 苅田町 行橋市等の京築地方 福岡市 粕屋郡 心理カウンセリング セラピスト NLPマスタープラクティショナー SPトランプインストラクター キャリア教育 東京都 TAカウンセラー 交流分析 エゴグラム実施 メンタルヘルス キャリアコンサルタント試験対策 キャリコン試験対策 ファシリテータ 研修 パワハラ防止 心理カウンセラー キャリアコンサルタント福岡 転職カウンセラー ポジティブ心理学 就活 就職活動 大学生就職支援 高校生就職支援 転職支援 中高年就職支援 メンタルヘルス対策 人材育成 人財育成

お問い合わせはお気軽に!

ご不明・ご不安な点など、
何でもお気軽にお問い合わせください。

TEL: 093-981-0244 093-981-0244
営業時間: 10:00~19:00 不定休(カレンダー参照)