スタッフブログ
blog

福岡の部下育成スペシャリスト・部下に仕事を「落とす」のはダメな上司の典型例だ-最終版

部下に仕事を「落とす」のはダメな上司の典型例だ-最終版

■部下の「経験」ではなく「状況」で選ぶ  

この熟練度の4段階で気をつけなければならないのは、「経験」や「キャリア」で段階を決めつけてはいけないということです。

 ・彼は長年この仕事をしていたから、「④委任型」だろう 

・あの人は前職でものすごい実績を出した。だから「④委任型」にしよう 

・あの子は新人だから「①指示型」だな  そんなふうに、経験やキャリアでスタイルを選ぶと、痛い目に合います。

新人であっても、任せてみたら能力もモチベーションも高い第4期の能力もあるでしょうし、キャリアを積んだベテランでも、新しい仕事に取り組むときは第1期だったりします。

 

つまり、その人が新人かベテランかにかかわらず、その人が取り組んでいる目標状況の一つひとつに合わせて、リーダーシップを変化させる必要があるのです。 

 このように、状況に合わせてスタイルを変化させる技術を「シチュエーショナル・リーダーシップ」と呼びます。  

部下への仕事の任せ方が柔軟になれば、あなたは飛躍的に「任せ上手」になります。  

まずは部下に答えを与えるかどうかで①②と③④が分かれ、答えを提示する①と②は、語尾が違うだけです。

③と④は部下が援助を求めているかどうかで分かれます。

実は、部下に自主性を持たせるのは、それほど難しいことではありません。

このちょっとした上司のスタンスの違いが、部下の育成に大きなインパクトを持ちます。  

相手の状況に合わせてスタンスを変化させる。それによって、部下のパフォーマンスを引き出す「環境」を上司の力でつくり出すことができるのです。 

 部下を変えるのではなく、パフォーマンスを引き出す環境を作り出せる上司になる。

その決意が、あなたを「任せ上手」にしてくれるはずです。

福岡県 北九州市 飯塚市 直方市 飯塚市 宮若市 田川市等の筑豊地区 下関市 キャリアカウンセラー キャリア研修 中小企業支援 研修講師 部下育成 メンタル不調予防 キャリアコンサルタント 女性活躍推進コンサルタント 女性活躍 組織改革 離職防止 苅田町 行橋市等の京築地方 福岡市 粕屋郡 心理カウンセリング セラピスト NLPマスタープラクティショナー SPトランプインストラクター キャリア教育 東京都 TAカウンセラー 交流分析 エゴグラム実施 メンタルヘルス キャリアコンサルタント試験対策 キャリコン試験対策 ファシリテータ 研修 パワハラ防止 心理カウンセラー キャリアコンサルタント福岡 転職カウンセラー ポジティブ心理学 就活 就職活動 大学生就職支援 高校生就職支援 転職支援 中高年就職支援 メンタルヘルス対策 人材育成 人財育成

お問い合わせはお気軽に!

ご不明・ご不安な点など、
何でもお気軽にお問い合わせください。

TEL: 093-981-0244 093-981-0244
営業時間: 10:00~19:00 不定休(カレンダー参照)