スタッフブログ
blog

【福岡/北九州/認定心理士】 「代表性バイアス」

【福岡/北九州/認定心理士】 「代表性バイアス」

 

 

「立身出世に必要なものは何ですか?」と問われたら、多くの人が挙げるのが“学歴”ではないでしょうか。一流の大学を出れば、一流の会社に就職でき、大きなヘマさえしなければ、それなりの地位とお金が得られます。学歴が高いことは大きなアドバンテージになります。

実は、あまり知られていませんが、もう一つ重要なものがあります。学歴とは違い、努力だけでは手に入らないのものの、あると明らかに優位なものが。何だか分かりますか?

答えはズバリ身長です(特に男性)。「身長が高ければ年収が高い」ことは、多くの調査で明らかにされています。トップリーダーたちと一般人の身長の平均を比較すると、前者のほうが10センチ近く高い、という報告もあります。背が高いほうが出世には有利なわけです。

その理由は、はっきりとは解明されていません。大柄な人はリーダーを任される機会が多く、自尊心が育まれると同時に、リーダーシップ力が身についていく、というのがよくある説明です。

ではなぜ、背の高い人がリーダーに指名される機会が多いのでしょうか。スポーツのチームなら分かりますが、社会全体でもそうだとしたら不思議です。大柄だからといって能力が秀でているわけでも、人徳があるわけでもありませんから。

唯一考えられる理由は、「一般の人が抱くリーダー像に合っているから」ではないでしょうか。体が大きいと、強くて頼りがいのあるヒーロー型のリーダーのイメージにピッタリ。結果的にリーダーに選ばれる確率が高くなるのです。

人はいつも合理的に物事を考えているわけではありません。かなりのことを経験と直観で判断しています。そうすれば、考える時間とエネルギーを節約できるからです。

リーダー選びに際しても同じです。人物の中身を吟味するのは手間がかかり、外見や印象が判断に影響を与えます。ややもすると、多くの人が思い描く典型的なリーダーのイメージに合った人を選びがちになります。これを「代表性バイアス」と呼びます。

なかには、「私はそんなステレオタイプなものの見方はしないよ」と言う人がいらっしゃるかもしれません。そんな方に格好のクイズがあります。心理学者のA.トベルスキーとD.カーネマンが発案したリンダ問題です(D.カーネマン『ファスト&スロー』)。

リンダは31歳の独身女性。外交的で大変聡明(そうめい)である。専攻は哲学だった。学生時代には差別や社会正義の問題に強い関心を持っていた。また、反核運動に参加したこともある。

次のうち、どちらの可能性が高いと思いますか? リンダは銀行員である。リンダは銀行員で、フェミニストの活動家でもある。

皆さんはどちらを選びましたか。ちなみに、このテストを複数の主要大学の学生に実験したところ、85~90%が二番目の選択肢を選んだそうです。

確かに、リンダに関する個人的な情報から抱く典型的なイメージはその通りです。直観的に判断すれば、二番目を選ぶのが自然です。

ところが、銀行員の数と銀行員兼フェミニスト活動家の数を比べれば、前者のほうが圧倒的に多いはずです。銀行員のごく一部の人しかフェミニストの活動家になりませんから。

したがって、どちらの可能性が高いかと問われれば、単なる銀行員であるほうがはるかに高くなります。合理的に考えれば一つ目の選択肢にしかなりません。

こんな単純な問題でも、ステレオタイプに惑わされ、判断に影響を受けてしまいます。代表性バイアスを軽く見てはいけないわけです。

代表性バイアスは、なくそうと思っても簡単になくせるものではありません。代表性バイアスにだまされていないか都度疑い、常に合理的に考えるようにするのが理想的です。でも、そんなことをしたら疲れてしまいます。

だったら、せめて「いかにも……」と思わせる“どストライク”が来たときだけでも、眉に唾をしてみてはいかがでしょうか。

リーダー選びの例で言えば、ヒーロー物の映画から抜け出てきたような、大柄で物おじせず優しいまなざしの人が候補にいたら、警告ランプを点灯させます。代表性バイアスが働く恐れがあるからです。安易に飛びつかずに、少し冷静になって判断するのが無難です。

仕事上の問題解決においても、いかにも自社や競合がやりそうなアイデアや、世間で流行っているような典型的な成功パターンが見つかったら、やはり注意が必要です。あわてて飛びつく前に、他の可能性がないか、今一度探索をしてみることをお勧めします。

代表性バイアスは必ずしも悪いものではありません。うまく使えばスピーディーに意思決定や問題解決ができます。相手の代表性バイアスを逆手に取れば、自分に有利な方向に持っていくこともできます。背の高さをアピールしてリーダーの座を狙う、といったように。逃れられないものである以上、自分なりのつき合い方を見つけていくしかありません。

お問い合わせはお気軽に!

ご不明・ご不安な点など、
何でもお気軽にお問い合わせください。

TEL: 093-981-0244 093-981-0244
営業時間: 10:00~19:00 不定休(カレンダー参照)