スタッフブログ
blog

2018年の「人手不足」関連倒産、過去最多の400件/民間調査

東京商工リサーチは5日、2018年度「人手不足」関連倒産を発表した。

倒産件数は400件(前年度311件)で、年度ベースでは、’13年度の調査開始以来、

最多だった’15年度(345件)を上回り、最多件数を更新した。

内訳は、代表者死亡や病気入院などによる「後継者難」型が269件(同250件)、

「求人難」型が76件(同29件)、

「人件費高騰」型が30件(同14件)

「従業員退職」型が25件(同18件)となっています。

 

「求人難」と「従業員退職」を合わせると101件です。

これは組織開発、キャリア教育を行うことで防ぐことができます。

昨日も書きましたが、両者ともすぐに結果が出ることはできません。

早めの対策が必要になります。

北九州市・飯塚市・直方市・宮若市の経営者相談、上司へのキャリアカウンセリング、部下のキャリア教育を図るとともに、

会社内のコミュニケーションを円滑にする研修等、座学だけではなく、カードゲームを使ったものなど研修に関する引き出しは

多数あります。ぜひ活用してください。

お問い合わせはお気軽に!

ご不明・ご不安な点など、
何でもお気軽にお問い合わせください。

TEL: 093-981-0244 093-981-0244
営業時間: 10:00~19:00 不定休(カレンダー参照)