スタッフブログ
blog

NLP メタプログラム

メタプログラムとは、個人が持つ、無意識における物事の記憶パターンのことを指します、

そして、メタプログラムは人それぞれが違ったパターンを持っています。

メタプログラムを理解する事により、相手に働きかける言葉がけが分かり、意志疎通が上手くいくようになります。

・方向性(モチベーション)目標志向型と問題回避型を見ていきましょう。

目標志向型は、積極的に目的や行動に向かわせるようなアプローチをすると、やる気を引き起こしやすくなります。

響く言葉:「達成する」「獲得する」「~できる」

問題回避型は、嫌なことから遠ざけるようなアプローチをすると、行動に移しやすくなります。

響く言葉:「解決する」「避ける」「~しなくても済む」

・積極性(行動)主体行動型と反映分析型を見ていきましょう。

主体行動型は、行動第一で直ぐに行動しようとするタイプです。

響く言葉:「とりあえず」「すぐに」「早速」「やってみる」

反映分析型は、行動よりも観察が大好きで、周りから何かをさせようと働きかけないと動かない。

響く言葉:「待つ」「しばらく考えて」「様子を見て」「検討して」

・参照枠(基準)判断基準 内部参照と外部参照を見ていきましょう。

内的基準型は、自分の中にある価値観を元に、自分で判断する。

響く言葉:「最終的にはあなたが決めること」「あなたの判断に役立つと思うのですが」

外部基準型は、外部からの情報でわかる。

響く言葉:「本意も書いてあったんですが」「(信頼ある)〇〇さんが言っていたけど~」

・チャンクサイズ、全体型と詳細型を見ていきましょう。

全体型は、情報をざっくり全体像で捉える。

響く言葉:「ポイントは?」「要はどういうこと?」「一言でいうと?」「概略を説明すると?」

詳細型は、情報を細かな部分まで見ている。

響く言葉:「それで次は?」「具体的には?」「もっと教えて」

・人とプロセス(連携とシステム)

人間重視型は、答えの中に『人』の話が出てきている場合、関心が人間関係や人の気持ちに向かっている。

響く言葉:人間の名前(固有名詞)を使う。人間の感情や気持ちを表す言葉を使う。

物質・タスク重視型は、仕事の成果や結果などを重視する。

響く言葉:「成果」「目標」「プロセス」など、モノや事柄を表す言葉

・関係性 変化・相違適応 同一性ー相違性を見ていきましょう。

同一性は、同じであれば安心で安全だと感じる人。共通点を探す。

響く言葉:「職場は変わりますが、あなたに担当してもらう仕事の内容は、基本的に同じです。大きくは変わりませんので今まで通りにやってください。」

相違性は、違うことにチャレンジする傾向にある。相違点を探す。

響く言葉:「今までとは全く違う部署です。新しいスキルや知識は身につきますし、今までにしたことのないような体験ができます」

以上です。

これは営業に使えるスキルです。

相手の思考が分かればそれに合わせることが出来るからです。

福岡県・北九州市・飯塚市・直方市・飯塚市・宮若市・田川市等の筑豊地区のキャリアカウンセラー実施・キャリア研修・中小企業支援・研修講師・部下育成・メンタル不調予防・キャリアコンサルタント・女性活躍推進コンサルタント・女性活躍  研修講師 組織改革 離職防止・苅田町・行橋市等の京築地方 福岡市・粕屋郡・心理カウンセリング・セラピスト・NLPマスタープラクティショナー

お問い合わせはお気軽に!

ご不明・ご不安な点など、
何でもお気軽にお問い合わせください。

TEL: 093-981-0244 093-981-0244
営業時間: 10:00~19:00 不定休(カレンダー参照)