スタッフブログ
blog

苦手な相手の印象を自由に変える

「サブモダリティ(構成要素)」

視覚、聴覚、身体感覚の構成要素

私たちのこころは、さまざまな人間関係にも多くの影響を与え受けています。
同時に人に対する印象は、さまざまな感覚の構成要素に分解できます。

そうした人の印象などを構成する感覚の要素を、サブモダリティ(構成要素)と呼びます。
各感覚を構成するサブモダリティには、次のようなものがあります。

視覚は
「明るい/暗い」「大きい/小さい」「遠い/近い」など。

聴覚は
「音が大きい/小さい」「テンポが速い/遅い」「ステレオ/モノラル」など。

身体感覚は
「温度が高い/低い」「重い/軽い」「肌触りが粗い/滑らか」などです。

これを用いて苦手な相手や嫌な経験のイメージを変えることができます。
苦手な相手のイメージを変えるときは、例えば、その人の大きさ(視覚のサブモダリティ)を想像上で小さくしてしまう。
小さくなったイメージの相手ならば怖さがずっと小さくなって、苦手意識も軽くすることが期待できます。

こころの声も変化させられる

聴覚のサブモダリティを変える方法は、自分自身にも応用することができます。
こころのなかで「もうダメだ」「なんであんなことをしたんだろう」と自分を責める声が聞こえることがありませんか。
この声を変化させて、ことばの影響を和らげ、冷静に受け止めることができるようにします。

❶自分を責める声のサブモダリティを確認します

声の大きさ/話す速さ/声のトーンなどです

❷映画のサウンドトラックを編集するかなのように、その声を調整します。

例えば「声の音量を下げる」「場所を遠ざける」「話す速さをゆっくり/とても速くする」「声のトーンを極端に上げる/下げる」などです。
いろいろ試して、自分の気持ちが一番楽になる編集を見つけましょう。

❸こころのなかの声を調整した結果、自分に対する影響が小さくなっていることを確認します。

福岡県・北九州市・飯塚市・直方市・飯塚市・宮若市・田川市等の筑豊地区のキャリアカウンセラー実施・キャリア研修・中小企業支援・研修講師・部下育成・メンタル不調予防・キャリアコンサルタント・女性活躍推進コンサルタント・女性活躍  研修講師 組織改革 離職防止・苅田町・行橋市等の京築地方 福岡市・粕屋郡・心理カウンセリング・セラピスト・NLPマスタープラクティショナー SPトランプインストラクター キャリア教育

お問い合わせはお気軽に!

ご不明・ご不安な点など、
何でもお気軽にお問い合わせください。

TEL: 093-981-0244 093-981-0244
営業時間: 10:00~19:00 不定休(カレンダー参照)