スタッフブログ
blog

キャリアコンサルタント試験対策「キャリアアンカー」

キャリアアンカー

キャリアアンカーとは、個人が選択を迫られたときに、その人が最も放棄しながらない欲求、価値観、能力などのことで、その個人の自己像の中心を示すものである。

キャリアアンカーの概念を最初に打ち出したのはシャインである。彼は「欲求と動因の基本的な組み合わせは、効果的なキャリアアンカーとしての役割を果たす。それはキャリアの選択に影響を与えるだけでなく、転職にも影響を与え、その個人が人生で見つけたいと思っているものを形づくり、未来の展望、関連する目標と対象の総合的な価値を特徴づける」とした。

そして、あるマネジメント・スクールの卒業生の調査から、次の5つのアンカーがあることを確認した。

①管理能力(managerial competence
対人能力、分析能力、情緒の安定などの管理的な面に価値を置く。これらの人はライン管理者として、組織の中でより責任のある役割が増大することを望む。
②技術的、機能的能力(technical/functional competence)
自分の専門的な仕事の優秀さを通して欲求を満たす。これらの人は、特定の役割を実行すること、技術的、専門的な分野で働くことを望む。
③安全性(security)
安全を最優先にする。これらの人は、1つの組織にいて、1つの社会的地位にとどまることを望む。
④創造性(creativity)
何かをつくり出すことを求める。これらの人は、起業家として行動し、新しいビジネス、商品、サービスを想像することに意義を見いだす。
⑤自律と独立(autonomy and independence)
自分の自由と独立を守ることに関心を持つ。組織を離れてコンサルタントになったり、独立することを求める。

その後、シャインは、数百人のいろいろな人々とのインタビューなどの経時的研究により、次の8つのカテゴリーに修正している。
❶専門・職種別コンピタンス
❷全般管理コンピタンス
❸自律・独立
❹保障・安定
❺起業家的創造性
❻奉仕・社会貢献
❼純粋な挑戦
❽生活様式

人はざまざまな理由によって組織内における自分の所在地によって仕事の満足、生活、役割などが変わる。その所在地にその人をつないでいるのがキャリアアンカーである。キャリア・ガイダンスとキャリアコンサルティングは、個人が自分のアンカーを認識し、自分の欲求を満たす機会を組織内に探すことを援助することでもある。

福岡県・北九州市・飯塚市・直方市・飯塚市・宮若市・田川市等の筑豊地区のキャリアカウンセラー実施・キャリア研修・中小企業支援・研修講師・部下育成・メンタル不調予防・キャリアコンサルタント・女性活躍推進コンサルタント・女性活躍  研修講師 組織改革 離職防止・苅田町・行橋市等の京築地方 福岡市・粕屋郡・心理カウンセリング・セラピスト・NLPマスタープラクティショナー SPトランプインストラクター キャリア教育 東京都 TAカウンセラー 交流分析 エゴグラム実施

 

 

 

 

 

引用文献
キャリアコンサルティング理論と実際
木村 周 著
一般社団法人雇用問題研究会

お問い合わせはお気軽に!

ご不明・ご不安な点など、
何でもお気軽にお問い合わせください。

TEL: 093-981-0244 093-981-0244
営業時間: 10:00~19:00 不定休(カレンダー参照)