スタッフブログ
blog

マイクロカウンセリング

マイクロカウンセリング

1960年代にアイビーとその共同研究者によって開発され、その後、技法を統合したカウンセリングのメタモデルとして定着した。

アイビーはカウンセリングの理論家、実践家としていろいろなカウンセリングに関わるうち、多くのカウンセリングに良い関してみられる共通のパターンがあることに気づき、これを分類してそれを「技法」と命名し、「マイクロ技法の階層表」とした。

❶かかわり行動
クライエントの話すことを「聴く」姿勢で、クライエントをもその姿勢に導く。
この技法はカウンセラーとクライエントのコミュニケーションの成立に必須のもので、クライエントをはげますことになる。
具体的手法は視線の合わせ方、体位の取り方、声の調子、非言語はげましなどを含む。

❷かかわり技法
言語レベルの傾聴技法である。
含まれる技法に共通していることは、あくまでもクライエントの心の枠組みに沿ったものであること。
具体的技法としては開かれた質問、閉ざされた質問、はげまし、言い換え、要約、感情の反映、意味も反映が含まれる。

❸積極技法
能動的かかわりを行いながら、相手の問題解決を促す技法である。
指示、論理的帰結、解釈、自己開示、助言、情報の提供、説明、教示、フィードバック、カウンセラーの発言の要約などが含まれる。
意味の反映、焦点の当て方(当てる対象が、クライエント、問題、他の人、私たち、カウンセラーなどがある)、対決(矛盾、不一致)などは複合技法と言われる。

❹技法の統合
いろいろな技法を組み合わせて適切に用い、コミュニケーションをスムーズにし、問題を解決する方向に持っていく。
具体的手法としてはラポール、問題の評価、目標の設定、目標に対するアプローチの設定、実行を順次進める。

福岡県 北九州市 飯塚市 直方市 飯塚市 宮若市 田川市等の筑豊地区のキャリアカウンセラー実施 キャリア研修 中小企業支援研修講師 部下育成 メンタル不調予防 キャリアコンサルタント 女性活躍推進コンサルタント 女性活躍  研修講師 組織改革 離職防止 苅田町 行橋市等の京築地方 福岡市 粕屋郡 心理カウンセリング セラピスト NLPマスタープラクティショナー SPトランプインストラクター キャリア教育 東京都 TAカウンセラー 交流分析 エゴグラム実施 メンタルヘルス

引用文献
木村 周 著
キャリアコンサルティング理論と実際
一般社団法人雇用問題研究会

お問い合わせはお気軽に!

ご不明・ご不安な点など、
何でもお気軽にお問い合わせください。

TEL: 093-981-0244 093-981-0244
営業時間: 10:00~19:00 不定休(カレンダー参照)