スタッフブログ
blog

キャリアコンサルタント試験対策「現実療法」

現実療法

1960年代精神科医グラッサーによって提唱されたカウンセリング手法である。
それまでの過去、感情、症状に当てたカウンセリングのアプローチと異なり、現在の満たされない重要な人間関係に焦点を当て、問題解決を図るカウンセリングである。

①人が自分の展望と欲求を明確に知り、自分の願望を現実的に達成できるかどうか評価するのを助ける。

②人が自分の行動を吟味し、明確な基準に照らして評価する手助けをする。

③そのために肯定的な計画を立て、それによって自分自身の人生計画を掌握し、現実的な願望と欲求を満たすよう手助けする。

④その結果、力が与えられ、より確信に満ち、より良い人間関係と効果的な人生のための個人的な計画を立てられるようになる。

現実療法のプロセスには2つの大きな要素がある。1つは変化をもたらすさまざまな方法を用いることであり、もう1つはその方法が根ざしている環境を重視してクライエントとの関係づくりのための具体的な指針(するべきこと、してはならないこと)が定められていることである。

カウンセリングの具体的な展開は、次のようなカウンセリング・サイクルの中で展開される。

❶カウンセリング関係の確立

カウンセラーとクライエントのラポールを確立する段階であり、基本的にはあらゆるカウンセリングに共通する原理と同様であるが、良好なカウンセリング関係をつくるための環境づくりのために「してはならないこと」を重視する。
それは「言い訳させない」、「非難・論争をしない」、「簡単にあきらめない」の3点である。

❷クライエントが自分自身のイメージを評価する

クライエントの願望、欲求、知覚を探り、カウンセラーとクライエントがそれを分かち合い、クライエントがカウンセリングを通じて確認することである。
具体的には、「何を欲しているか」、「本当に欲していることは何か」、「何を期待されているか」、「どんな見方をしているか」を尋ね、「カウンセラーの見方」を話し、「カウンセリングを受ける決意」を尋ねる手順で行う。

❸行動全体を探り、評価させる

どんな方向に向かっているか、どこに行き着くか話し合う。
具体的には、「あなたは何をしているか」、そのことの評価(役立っているか、求めていることが手に入るか、現実的か、達成可能かなど)を尋ねる。

❹計画を立て、決意させる

願望と欲求を満たす計画を立て、それを実行する決意をさせることである。
決意を引き出すことには、神に欠いたり、計画表をつくったり、それを関係者に表明したりすることも含む。

❺カウンセリング・サイクルの中ですべきこと

傾聴を行動に示す」、「裁かない」、「予想されないことをする」、「ユーモアを使う」、「ありのままの自分を表す」など具体的に示す。

❻相談・フォローアップ・継続教育

これは、カウンセリング・サイクルが進行する中でカウンセラーが行うべきことである。「相談」は、カウンセリングの場以外で必要に応じて、リアリティ・セラピーに通じている人に相談、もしくは話し合うこと、すなわち、スーパービジョンを受けることである。「フォローアップ」は、カウンセリングが終わったあとで、クライエントと連絡を取ることである。「継続学習」は、カウンセラー自身が勉強を続けることである。

ウォルボルディングは、リアリティ・セラピーのカウンセリングをまとめている。

福岡県 北九州市 飯塚市 直方市 飯塚市 宮若市 田川市等の筑豊地区のキャリアカウンセラー実施 キャリア研修 中小企業支援 研修講師 部下育成 メンタル不調予防 キャリアコンサルタント 女性活躍推進コンサルタント 女性活躍  研修講師 組織改革 離職防止・苅田町・行橋市等の京築地方 福岡市・粕屋郡・心理カウンセリング セラピスト NLPマスタープラクティショナー SPトランプインストラクター キャリア教育 東京都 TAカウンセラー 交流分析 エゴグラム実施 心理カウンセラー キャリアコンサルタント試験対策

 

引用文献
キャリアコンサルティング理論と実際
木村 周 著
一般社団法人雇用問題研究会

 

お問い合わせはお気軽に!

ご不明・ご不安な点など、
何でもお気軽にお問い合わせください。

TEL: 093-981-0244 093-981-0244
営業時間: 10:00~19:00 不定休(カレンダー参照)