スタッフブログ
blog

キャリアコンサルタント試験対策「グループアプローチとは」

グループアプローチとは

グループアプローチとは、「共通の目標と類似の問題を有するクライエント数人が会合し、リーダーの助言のもとに相互の情報、意見を交換し合うことによって、各自の問題解決に資することを目的にするグループ活動」である。

グループアプローチは単に一方的に支持、情報提供することを目的にするのではなく、参加者相互の話し合い、双方向の関心の交流を通して、参加者全員の持つ経験や背景を共有することによって、各個人の持つ問題解決にヒントを得たり、相互の共感を共有することによって学習、動機づけ、必要な態度の形成に至ることを目的にしている。

キャリア・ガイダンスやキャリアコンサルティングの実践において、グループアプローチが有効であり、効率的であることは教育、職業紹介、産業等の各分野で立証されてきた。

グループアプローチが効果を上げるためには、一般に次のような原則が機能している必要がある。

①グループメンバーは互いに相互作用をし合うことができる。そこには双方向のコミュニケーションがある。

②目標をグループ自身が決める場合でも、外部の力によって決められる場合でも、グループメンバーは、それを共通の目標として共有している。

③グループメンバーの行動を規定する基準がある。その基準によって、メンバーのある行動は報酬を受け、ある行動は罰せられる。

④グループメンバーには一連の役割が設定され、その役割に従って、特定の機能が実行される。

⑤グループメンバーは、それぞれの個人的特徴を行使し合う。

⑥グループの行動は、そのグループメンバーの各人のニーズを満足するように行動する。

このことは、キャリア・ガイダンスやキャリアコンサルティングの場合にも全く同様に当てはまる。

グループの機能を効果的に活用するために、カウンセラーやコンサルタントはそれなりのスキル、すなわち感受性、コミュニケーション能力を基本としたガイダンスとキャリアコンサルティングの手法を持たなければならない。

いくつかのグループ・アプローチを使用することによって、キャリア・ガイダンスやコンサルティングは個人に対する支援をより充実させることができる。

情報の提供、動機づけ、教授、実行、態度傾性、探索、カウンセリングなどのガイダンスやコンサルティングのすべての側面でそうである。

グループ・アプローチにはいろいろあるが、ここでは、進路指導、職業選択、キャリア形成支援に直接関連するいくつかの手法を紹介します。

福岡県 北九州市 飯塚市 直方市 飯塚市 宮若市 田川市等の筑豊地区のキャリアカウンセラー実施 キャリア研修 中小企業支援 研修講師 部下育成 メンタル不調予防 キャリアコンサルタント 女性活躍推進コンサルタント 女性活躍  研修講師 組織改革 離職防止・苅田町・行橋市等の京築地方 福岡市・粕屋郡・心理カウンセリング セラピスト NLPマスタープラクティショナー SPトランプインストラクター キャリア教育 東京都 TAカウンセラー 交流分析 エゴグラム実施 心理カウンセラー

引用文献
キャリアコンサルティング理論と実際
木村 周 著
一般社団法人雇用問題研究会

お問い合わせはお気軽に!

ご不明・ご不安な点など、
何でもお気軽にお問い合わせください。

TEL: 093-981-0244 093-981-0244
営業時間: 10:00~19:00 不定休(カレンダー参照)