スタッフブログ
blog

キャリコンサルタント試験対策「構成的グループ・エンカウンター基本的知識・スキル」

構成的エンカウンターは、

❶ふれあいと自己発見を促進すること

❷リーダーは、折衷主義的なプログラム構成すること

❸リーダーは、ふれあいと自己発見の2つのプロセスを、同程度のレベルを保ちながら並行して進めること

❹メンバー同士のエンカウンターは、メンバーとリーダーのリレーションを土壌にして育まれること

を基本原則とするグループ・エンカウンターである。

構成的エンカウンター・グループは、上記の原則を守っていれば、エクササイズ等は参加者に応じていろいろなものがあってもよいし、むしろそうでなければならない。
しかし、構成的エンカウンターを行うに当たって、國分等は次のような知識、スキルが必要であることを指摘している。

①構成的グループ・エンカウンターに関連するカウンセリング理論に関する知識とそのスキル

いまのところ、構成的グループ・エンカウンター理論が独立して確立しているわけではない。
複数のカウンセリング理論が構成的グループ・エンカウンターの技法を支えている。
したがって、主なカウンセリング理論とスキルをグループに応用する能力を身につけなければならない。
構成的グループ・エンカウンターにカウンセリング理論として、國分は、
ゲシュタルト療法
精神分析論
論理療法
行動療法
自己理論(来談者中心療法)
交流分析
特性・因子理論
内観法を挙げている。
もちろん、グループ・エンカウンターはその時その時これらの理論に応じたスキルをバラバラに行うのではない。
これらの理論に含まれる知識とスキルを上記の構成的グループ・エンカウンターの基本原則に従って、リーダーの考えによって適宜取り込んでいくことである。

②リーダーシップ

リーダーシップには、私的感情交流を促進するものと、公的役割関係を促進するものと2種類ある。
構成的グループ・エンカウンターでは、このパーソナルなつきあいとソーシャルなつきあいのけじめをつけつつも、私的感情交流を促進するようにリーダーシップを発揮しなければならない。
私的感情交流の内容は自己開示である。
しかし、現実社会のグループでは私的交流だけでは済まない。
各人の役割をわきまえた自己主張を伴ったつきあい、すなわちソーシャル・リレーションも必要である。
構成的グループ・エンカウンターのリーダーは、この個人的感情交流の能力(自己開示)と、役割関係のの展開能力(自己主張)の2つを兼備していることが望ましい。この2つの能力を発揮するときに有効な能力がコミュニケーション能力である。

③エクササイズ

構成的グループ・エンカウンターの特徴は、メンバーがエクササイズを介して自己開示することである。
エクササイズとは、心理教育的な体験学習の課題のことである。
エクササイズの「ねらい」には、
自己理解
自己受容
自己表現・主張
感受性
信頼体験
役割体験
の6つあるという。

一方、構成的グループ・エンカウンターは、究極的にはメンバーの感情、思考、行動の3つの側面における行動変容をねらっている。

したがって、エクササイズはこの6つの「ねらい」と3つの側面を刺激するようにつくられ、使われ理解されるのが望ましい。

このような観点から、構成的グループ・エンカウンターの研究や実践家達によって次のような具体的エクササイズが開発されている。

〇感情の側面に対して
簡便内観、「私は私が好きです。なぜならば」、ライフライン、「私の願いを聞いて」、「惨めな体験を聞く」、「別れの花束」、「私が全農の神ならば」など。

〇思考の側面に対して
人生設計、「みんなが違っていい」、「私は人と違います。なぜならば」、「私はあなたが好きです。なぜならば」、自己概念シートなど。

〇行動の側面に対して
エンプティ・チェア、臨終体験、墓名碑、人生設計、傾聴訓練、ブラインド・ウォーク、信頼の後倒、天国への旅など。

現在、学校進路指導などにおけるエクササイズ集が開発されている。
基本は対象が違うだけで、職業指導、産業界におけるキャリアコンサルティングに応用できるものも多い。

④インストラクション

インストラクションとは、構成的グループ・エンカウンターにおいてエクササイズ1つ1つのねらいや内容、留意点などを丁寧に説明することである。
適切なインストラクションによって、参加者への理解を求め、モチベーションを高め、結果としてリーダー、メンバー相互の信頼感を高め、自己理解を促進することになる。

一般に、インストラクションは次のことに留意して行うとよい。

・ねらい、目的を明確に説明する。簡潔、明快、シンプルに歯切れよく説明する。

・ルールを徹底させる。抵抗や心的外傷への対応を行う。

・デモンストレーション(実演)をする。何を行うのか。リーダー自身または代表者が実演して見せる。

⑤シェアリング

シェアリングとは、エクササイズに取り組んでみて、「感じたこと気づいたこと」を共有することである。

構成的グループ・エンカウンターにおいては、シェアリングはエクササイズと同じか、それ以上の比重を持っている。

体験的理解と知的洞察との補完という意味を持っている。

シェアリングすることによって、自分が感じたこと、考え、行動を整理し、理解できる。

すなわち、社会的比較と行動変容への動機づけとなる。

また、受容、共感的理解により受容的態度を育てることができる。

⑥抵抗への予防

⑦介入

がある。

福岡県 北九州市 飯塚市 直方市 飯塚市 宮若市 田川市等の筑豊地区のキャリアカウンセラー実施 キャリア研修 中小企業支援 研修講師 部下育成 メンタル不調予防 キャリアコンサルタント 女性活躍推進コンサルタント 女性活躍  研修講師 組織改革 離職防止・苅田町・行橋市等の京築地方 福岡市・粕屋郡・心理カウンセリング セラピスト NLPマスタープラクティショナー SPトランプインストラクター キャリア教育 東京都 TAカウンセラー 交流分析 エゴグラム実施 心理カウンセラー キャリアコンサルタント試験対策

引用文献
キャリアコンサルティング理論と実際
木村 周 著
一般社団法人雇用問題研究会

 

 

お問い合わせはお気軽に!

ご不明・ご不安な点など、
何でもお気軽にお問い合わせください。

TEL: 093-981-0244 093-981-0244
営業時間: 10:00~19:00 不定休(カレンダー参照)