スタッフブログ
blog

キャリコン受験者必見!スーパーのライフ・スペース:ライフ―キャリア・レインボー

ライフ・スペースとライフ・ロール:ライフ―キャリア・レインボー

スーパーは(1980、1990、1994)は、長期的な追跡研究から得られた知見と、社会環境の急激な変化が及ぼす個人の生活への影響を体験に基づいて、ライフ・スパンのアプローチをさらに明確化する概念モデルを策定した。

すなわち、人が一生涯に果たす役割は少なくとも6種類(当初は10種類)あり、それらの役割とは

①子ども ②学習する者 ③余暇人 ④市民 ⑤労働者 ⑥家庭人である。

そして、それらの役割は少なくとも5種類の生活空間(過程、学校、地域社会、職場、施設)において演じられる、というアプローチである。

スーパーは、その図をライフ―キャリアレインボーと名付けた。

その理由は、その図をもって、ライフ・スパンライフ・スペース(人生という舞台)の両方、および人生行路と人生上の主要な役割(ロール)とが総合的に関与するという事実を主張するためである。

さらに、人生で主に演じるそれぞれの役割の重要性は、「情意的側面(思い入れの程度)と、「行動的側面(時間やエネルギーの投入の程度)」および「認知的側面」の3要素によって多重的に決定されると考えられる。

影の部分はある個人がそれぞれの役割にどの程度の時間とエネルギーを投入したかを例示している。

アーチ・モデルの構築

スーパーは、1980年代から1990年代初頭にかけて、ライフ―キャリア・レインボーの趣旨を再定義し明確化することに取り掛かった。

その背景には、アメリカ社会の激しく変化する現状と、同時にいまだに個人の生物学的、心理学的、社会経済的要因が個人の生涯を決定し続けている現実を直視するとき、個々人に実行可能なモデルの提供の必要性を感じたことがある。

その結果、ライフ―キャリア・レインボーの考えを基盤としながら、個々人が現実を直視して、生涯にわたり変化する多様な役割を演じ、自分の人生を構築することができること、個々人が自己と環境に対峙して、さらに、実行に移しやすいモデルを提供することを目的として、アーチ・モデルを構築した。したがって、このモデルは、理論的にはライフ―キャリア・レインボーと変わらない。

このモデル、現在「キャリアの決定要因のアーチ門」(1997)と呼ばれるように、入り口は人間の発達の生物学的ー地理的基盤である。

左側の大きな礎石は人を支える人間の発達の生物学的、気質的側面であり、

右側の礎石は社会を支える要素(経済的資源、経済構造、社会制度・設備)である。

こうして社会的要因は人に左右し、人は自分が成長し社会の構成員として機能するとき社会に作用する。

こうした文脈のなかで、個人は学ぶ者、家庭維持者、職業人、市民、余暇人等のキャリアを追求する。

スーパー「アーチ門は個人とそのキャリア発達に、無秩序ではなく、体系的に寄与する道筋を説明するのに重要である。さらに、これらの決定要因の効果を総合するのは個人自身が自分の方法で行う。『アーチの要め石』は自己(self)であり、意思決定をする人自身である」(1994)と述べている。

福岡県 北九州市 飯塚市 直方市 飯塚市 宮若市 田川市等の筑豊地区のキャリアカウンセラー実施 キャリア研修 中小企業支援 研修講師 部下育成 メンタル不調予防 キャリアコンサルタント 女性活躍推進コンサルタント 女性活躍  研修講師 組織改革 離職防止・苅田町・行橋市等の京築地方 福岡市・粕屋郡・心理カウンセリング セラピスト NLPマスタープラクティショナー SPトランプインストラクター キャリア教育 東京都 TAカウンセラー 交流分析 エゴグラム実施 心理カウンセラー キャリアコンサルタント試験対策

 

 

引用文献
新版キャリアの心理学
渡辺 三枝子 編著
ナカニシヤ出版

お問い合わせはお気軽に!

ご不明・ご不安な点など、
何でもお気軽にお問い合わせください。

TEL: 093-981-0244 093-981-0244
営業時間: 10:00~19:00 不定休(カレンダー参照)