スタッフブログ
blog

キャリアコンサルタント受験者必見!!シュロスバーグの4S点検

対処のための資源を活用する

❶Situation(状況)

a)引き金(何が転機をもたらしたか)。
b)タイミング(転機は、一般社会的な時宜にあったものか、早いか遅いか)。
c)コントロール(転機のうち自分でコントロールできるのはどの部分か)。
d)役割の変化(転機は、個人の役割の変化を引き起こすものか)。
e)期間(長く続くものか一時的なものか)。
f)過去に同様な転機を経験したことがあるか。
g)転機にともなうストレスの程度。
h)アセスメント(その状況を前向きに捉えているか、後向きか、都合が良いと考えているか)。

❷Self(自己)
人生上のストレス要因は、多かれ少なかれ、年齢や性別、社会的地位などに関わっているように見える。援助者は次のようなことを知る必要がある。
a)変化への対処に関係する個人的、個人の身上的・人口統計的な特徴。
社会的地位性
年齢と人生設計
健康状態
民族性
b)変化対処に関係のある心理的資源。
自我発達段階
物の見方ー楽観主義、自己効力感
コミットメントおよび価値観
精神性および回復力
自分自身の資源は、人によって様々であり、一人として同じものはない。次のような問いは、援助者がその人を知る上で役立つものである。
・自律的に環境に対処できるだろうか。あいまいさを許容できるだろうか。
・楽観主義者かどうか。コップの水が半分のとき、まだ半分もあると考えるか、もう半分空になってしまったと考えるか。
・何かが起こったとき自分自身を勇気づけることができるか。
・転機に対して自分自身をコントロールできると感じているか。
・自分の努力によって、その結果に影響を与えることができるという信念をもっているか。
・意味や目的を感じているか。
・立ち直るための助けとなる性格を有しているか。

❸Support(周囲の援助)

a)クライエントは、転機を乗り越えるために望んでいる好意(好意、賞賛、尊敬、愛情)、肯定、助力を得られているか。
b)クライエントは、広い範囲で援助を受けられるか。配偶者、パートナー、親しい家族、友人、同僚、同業者、隣人、組織、他人、団体。
c)その人のもっているサポート資源のうち、この転機によって失ったり、弱体化されるものはあるか(失業や離婚によって失う友人関係など)。
d)クライエントは、自分のサポート資源が、転機に対処するために有力と感じているか。不足と感じているか。

❹Stategies(戦略)

パーリンスクーラーは、ストレスへの対処には
①状況を修正するように働きかける
②問題のもっている意味を変える
③ストレスをマネジメントできるよう対処する(否認、リラクゼーションなど)という3つのタイプがあることを明らかにしている。シュロスバーグは、こうした知見に基づき、次の問いへの答えがクライエントの対処の仕方を評価・診断するのに有効であるとしている。
・広い範囲の戦略を使っているか。
・ときどきは、転機を変化させるような行動を取っているか。
・ときどきは、転機の意味を変えるように試みているか。
・ストレスを楽々と切り抜けるように試みているか。
・何もしない方が良いときがどんなときか知っているか。
・目前の課題に応じて柔軟に戦略を選択できると感じているか。
・これらをすべて考慮した上で、戦略の程度はどのくらいか。

転機に対処する:資源を強化する

資源を強化していくということは新しい戦略をとることである。たとえ、ある転機がコントロールできないものであっても、転機をどう扱ったらよいか、その方法はコントロールできるものであり、自分の資源即ち4Sを強化していくことは可能である。
福岡県 北九州市 飯塚市 直方市 飯塚市 宮若市 田川市等の筑豊地区のキャリアカウンセラー実施 キャリア研修 中小企業支援 研修講師 部下育成 メンタル不調予防 キャリアコンサルタント 女性活躍推進コンサルタント 女性活躍  研修講師 組織改革 離職防止・苅田町・行橋市等の京築地方 福岡市・粕屋郡・心理カウンセリング セラピスト NLPマスタープラクティショナー SPトランプインストラクター キャリア教育 東京都 TAカウンセラー 交流分析 エゴグラム実施 心理カウンセラー キャリアコンサルタント試験対策

お問い合わせはお気軽に!

ご不明・ご不安な点など、
何でもお気軽にお問い合わせください。

TEL: 093-981-0244 093-981-0244
営業時間: 10:00~19:00 不定休(カレンダー参照)