スタッフブログ
blog

ハンセンの総合的人生設計

ILP(Integrative Life Planning):総合的人生設計

人生やキャリア設計への包括的なアプローチ。仕事をほかの生活上の役割と関係のなかで、または人生のなかで捉える。

「統合的人生設計」という概念は、生命(体、心、精神)、生活上の役割(愛、学習、労働、余暇、市民生活)、文化(個人およびコミュニティの)、ジェンダー(男女双方にとっての個の充足および統合性)、コミュニティ(地球全体と地域)、考え方(合理的と直感的)、知り方(量的と質的)、個人的なこととキャリアの連携といった様々な側面を包含する。

「統合的人生設計」では、キャリア・カウンセリングをとおして、クライエントがより包括的な生活を実現し、その選択や決定をとおして社会に積極的な変化をもたらす人となるようにカウンセラーが手助けすることを提案している。また、この概念では、個々人は、各自の決定が人類や環境全体にもたらす影響を考慮すべきだと考える。また、組織の変革がしばしば個人の転機につながることから、「統合的人生設計」は個人と組織の変革を結び付けて捉えている。

ハンセン「統合的人生設計」という概念が示す統合性と全体性というテーマを説明する上で、「キルト」という小さな布を縫い合わせながら大きな布を作っていく方法を象徴として用いている。つまり「統合的人生設計」という概念は、一方で、劇的な変化が一人ひとり、家族、コミュニティ、国家、さらに地球をゆるがしている大きな世界や状況を描写し、他方で、キャリアという世界、私たち自身の私的経験や物語、あるいはクライエントの物語といった部分も描写する。

「統合的人生設計」という概念は、次のような価値観と仮定に基づいている。

❶世界や家庭での劇的な変化は、キャリア・カウンセラーに大きくものを見ることを要求している。つまり、従業員、学生、クライエントへの処し方についての考えや行いをより幅広いものとし、彼らも変化の諸相を理解できるように助けることが必要である。

❷キャリア・カウンセラーはクライエントが、直線的思考ではなく統合的思考の技能を発達させ、包括的思考の重要性を理解するように助ける必要がある。

❸自分の人生や文化における重大な課題や主なテーマに気づいて優先順位をつけることは、人間発達に不可欠である。

❹変わりゆく社会とそのなかで生きる個人の状況やテーマを理解する上で、新しい個に関する知識と社会に関する知識が決め手となる。

「統合的人生設計」のプロセスにおいて、変化の必要性と変化を担う意思をともに確認することは不可欠である。多様なレベルで変化は起きうるし、個人の変化が社会の変化をもたらすのである。

「統合的人生設計」は、新世紀に個人や文化が直面する6つのテーマ、すなわち重要な6つの人生課題を提示している。「統合的人生設計」はアメリカ文化に基礎を置いてはいるものの、以下に述べる課題のなかにはほかの文化にも通じるものもある。

福岡県 北九州市 飯塚市 直方市 飯塚市 宮若市 田川市等の筑豊地区のキャリアカウンセラー実施 キャリア研修 中小企業支援 研修講師 部下育成 メンタル不調予防 キャリアコンサルタント 女性活躍推進コンサルタント 女性活躍  研修講師 組織改革 離職防止・苅田町・行橋市等の京築地方 福岡市・粕屋郡・心理カウンセリング セラピスト NLPマスタープラクティショナー SPトランプインストラクター キャリア教育 東京都 TAカウンセラー 交流分析 エゴグラム実施 心理カウンセラー キャリアコンサルタント試験対策

引用文献
新版キャリアの心理学
渡辺 三枝子 編著
ナカニシヤ出版

お問い合わせはお気軽に!

ご不明・ご不安な点など、
何でもお気軽にお問い合わせください。

TEL: 093-981-0244 093-981-0244
営業時間: 10:00~19:00 不定休(カレンダー参照)