スタッフブログ
blog

キャリアコンサルタント試験、出題範囲1

キャリアコンサルティングの社会的意義

❶社会及び経済の動向並びにキャリア形成の支援の必要性の理解

キャリア形成支援の必要性が増していることに関し、次に掲げる事項について、キャリアコンサルタントとして必要な程度の知識を有すること。

①技術革新の急速な進展等様々な社会・経済的な変化に伴い、個人が主体的に自らの希望や適性・能力に応じて、生涯を通じたキャリア形成を行うことの重要性と、そのための支援の必要性が増してきたこと。

②個々人のキャリアの多様化や社会的ニーズ、または労働政策上の要請等を背景に、キャリアコンサルタントの活動が期待される領域が多様化していること。

❷キャリアコンサルティングの役割の理解

キャリアコンサルティングの意義と役割に関し、次に掲げる事項について、キャリアコンサルタントとして必要な程度の知識を有すること。

①キャリアコンサルティングは、職業を中心にしながらも個人の生き甲斐、働き甲斐まで含めたキャリア形成を支援するものであること。

②個人が、自らキャリア・マネジメントをすることにより自立・自律できるように支援するものであること。

③キャリアコンサルティングは個人と組織との共生の関係をつくる上で重要なものであること。

④キャリアコンサルティングには、個人に対する支援だけでなく、キャリア形成やキャリアコンサルティングに関する教育・普及活動、環境への働きかけ等も含むものであること。

❸キャリアコンサルタントの活動 

キャリアコンサルタントに活動に関し、次に掲げる事項について、キャリアコンサルタントとして必要な程度の知識を有すること。

①活動の範囲・限界の理解
ア)キャリアコンサルタントとしての活動の範囲には限界があること、その限界には任務上の範囲の限界のほかに、キャリアコンサルタント自身の力量、実践フィールドによる限界があること。
イ)活動の範囲内においては、誠実かつ適切な配慮を持って職務を遂行しなければならないこと。
ウ)活動範囲を超えてキャリアコンサルティングが行われた場合には、効果がないだけでなく、個人にとって有害となる場合があること。

②守秘義務の順守
相談者のプライバシーや相談内容は相談者の許可なしに決して口外してはならず、守秘義務の順守は、法令及びキャリアコンサルタントと信頼関係の構築の必要性に鑑みて最重要のものであること。

③キャリア形成支援の専門家としての高い倫理観を有し、キャリアコンサルタントが守るべき倫理規定(基本理念、任務範囲、守秘義務の順守等)について十分理解し、実践すること。

福岡県 北九州市 飯塚市 直方市 飯塚市 宮若市 田川市等の筑豊地区のキャリアカウンセラー実施 キャリア研修 中小企業支援研修講師 部下育成 メンタル不調予防 キャリアコンサルタント 女性活躍推進コンサルタント 女性活躍  研修講師 組織改革 離職防止 苅田町 行橋市等の京築地方 福岡市 粕屋郡 心理カウンセリング セラピスト NLPマスタープラクティショナー SPトランプインストラクター キャリア教育 東京都 TAカウンセラー 交流分析 エゴグラム実施 メンタルヘルス キャリアコンサルタント試験対策 キャリコン試験対策

お問い合わせはお気軽に!

ご不明・ご不安な点など、
何でもお気軽にお問い合わせください。

TEL: 093-981-0244 093-981-0244
営業時間: 10:00~19:00 不定休(カレンダー参照)