スタッフブログ
blog

キャリアコンサルタント出題範囲 キャリアコンサルタントの倫理と行動

キャリアコンサルタントの倫理と行動

❶キャリア形成及びキャリアコンサルティングに関する教育並びに普及活動
キャリアコンサルタントは、個人や組織のみならず社会一般に対して、様々な活動を通じてキャリア形成やキャリアコンサルティングの重要性、必要性等について教育・普及すること、またそれぞれのニーズを踏まえ、主体的なキャリア形成やキャリア形成支援に関する教育研修プログラムの規格、運営をすることについて、キャリアコンサルタントとして必要な程度の知識を有すること。

❷環境への働きかけの認識及び実践
個人の主体的なキャリア形成は、個人と環境(地域、学校・職場等の組織、家族等、個人を取り巻く環境)との相互作用によって培われるものであることを認識し、相談者個人に対する支援だけでは解決できない環境(例:学校や職場の環境)の問題点の発見や指摘、改善提案等の環境への介入、環境への働きかけを、関係者と協力して行うことについて、キャリアコンサルタントとして必要な程度の知識を有すること。

❸ネットワークの認識及び実践
ネットワークの知識及び実践に関し、次に掲げる事項について、キャリアコンサルタントとして必要な程度の知識を有すること。

①ネットワークの必要性と認識
個人のキャリア形成支援を効果的に実施するためには、行政、その他の専門機関や専門家との様々なネットワークが重要であること。

②ネットワークの形成
ネットワークの重要性を認識したうえで、関係機関や関係者との日頃から情報交換を行い、協力関係を築いていくこと。また、個人のキャリア形成支援を効果的に実施するため、専門機関や専門家と協働して支援すること。

③専門機関への紹介
個人や組織等の様々な支援ニーズ(メンタルヘルス不調、発達障害等)に応えるなかで、適切な見立てを行い、キャリアコンサルタントの任務の範囲、自身の能力の範囲を超えることについては、必要かつ適切なサービスを提供する専門機関や専門家を選択し、相談者の納得を獲た上で紹介あっせんすること。

④情報収集及び異なる分野の専門家への照会
個人のキャリア形成支援を効果的に実施するために、必要な追加情報を入手したり、異なる分野の専門家に意見を求めること。

❹自己研鑽及びキャリアコンサルティングに関する指導を受ける必要性の認識
キャリアコンサルタントが自己研鑽及びキャリアコンサルティングに関する指導を受ける必要性に関し、次に掲げる事項について、キャリアコンサルタントとして必要な程度の知識を有すること。

①自己研鑽
キャリアコンサルタント自身が自己理解を深めることと能力の限界を認識することの重要性を認識するとともに、常に学ぶ姿勢を維持して、様々な自己啓発の機会等捉えた継続学習により、新たな情報を吸収するとともに、自身の力量を向上させていくこと。また、キャリアコンサルティングの基本的特性に鑑み、人間理解が重要であること。

②スーパービジョン
スーパービジョンの意義、目的、方法等を十分に理解し、スーパーバイザーから定期的に実践的助言・指導(スーパービジョン)を受けることの必要があること。また、スーパービジョンを受けるために必要な逐語録等の相談記録を整理すること。

❺キャリアコンサルタントとしての姿勢
キャリアコンサルティングは個人の人生に関わる重要な役割、責任を担うものであることを自覚し、キャリア形成支援者としての自身のあるべき姿を明確にするとともに、自己理解を深め、自らのキャリア形成に必要な能力開発を行うことの必要性を主体的に理解することについて、キャリアコンサルタントとして必要な程度の知識を有すること。

お問い合わせはお気軽に!

ご不明・ご不安な点など、
何でもお気軽にお問い合わせください。

TEL: 093-981-0244 093-981-0244
営業時間: 10:00~19:00 不定休(カレンダー参照)