スタッフブログ
blog

パワハラ指針を了承 その他記事あり

パワハラ指針を了承

●労政雇用環境・均等分科会は20日、

厚生労働省から示されたパワーハラスメント指針案を

了承しました。

指針案では、

「身体的な攻撃」

「精神的攻撃」

「人間関係からの切り離し」

「過大な要求」

「過小な要求」

「個の侵害」

の6つの言動の類型ごとに

「該当すると考えられる例」、

「該当しないと考えられる例」

を示しています。

●「職場のハラスメント対策シンポジウム」を開催

厚生労働省は、

12月を「職場のハラスメント撲滅月間」と定め、

広報ポスターの作成・掲示、

啓発動画の作成など集中的な

広報・啓発活動を実施するとしている。

●豊田労基署、自殺のトヨタ社員の労災認定

「上司パワハラ原因」

トヨタ自動車の男性社員=当時(28)=が

2017年に自殺したのは、上司の暴言などの

パワーハラスメントが原因だったとして、

豊田労働基準監督署が労災認定していたことが

19日、代理人弁護士への取材で分かりました。

今年9月11日付。

パワハラは私の年代(51歳、当時49歳)にもありました。

東京のあるNPO法人でのことです。

上記6つの言動類型のうち

「精神的な攻撃」
「人間関係からの切り離し」
「個の侵害」

に該当する行為をされました。

それもキャリアコンサルタントの資格をもつ

人が行いました。

これからは、スマホの録音機能など

記録に残るような対策も必要に

なってくるかもしれません。

また、私は中小企業の社長さんと

よく会う機会があります。

パワハラの実態は大企業でも

行われていることも知る必要があります。

●これからの対策

対策としては、社員を特別視せず、

普通に接すること。

人前で叱らない、褒め過ぎないことです。

社内間の風通しをよくするといい・・・

今ではそれも難しい。

パワハラをすることはもってのほかですが、

精神的に参っている社員には

カウンセリングが良好な行動だと

思います。

そのためにキャリアコンサルタントがいるし、

また、私は心理学を学ぶ身です。

事が起こってしまったら・・・

ではもう遅いのです。

私は一応、部下育成スペシャリスト

を名乗っています。

事が起こる前にご相談ください。

キャリアコンサルタント中村 拓司

お問い合わせはお気軽に!

ご不明・ご不安な点など、
何でもお気軽にお問い合わせください。

TEL: 093-981-0244 093-981-0244
営業時間: 10:00~19:00 不定休(カレンダー参照)