スタッフブログ
blog

冷淡な傍観者 1

冷淡な傍観者 1

1.研究の背景、社会心理が悪における位置づけ

『冷淡な傍観者:思いやりの社会心理学』を執筆したビブ・ラタネジョン・ダーリーは、1960年半ばにニューヨークの大学に勤めていた。
同じ頃、ニューヨークでキティ・ジェノヴィーズという28歳の女性が殺害される事件が起こる。
ラタネとダーリーの研究のきっかけとなった代表的な事件である。
キティ・ジェノヴィーズ事件が起こったのは1964年3月の午前3時20分頃であり、仕事を終えて帰宅途中にあったキティは、車を駐車場に止め、自分のアパートに向かおうとしていた。
そこに加害者の男性が現れ、大通りまで出たキティに飛びかかり、ナイフで背中を刺した。
彼女は大きな声をあげて助けを呼び、それに気づいた付近の住人たちの中には、部屋に明かりをつける者、窓から通りの様子をうかがう者、「その女性を放せ」と呼ぶ者もいた。
男はいったんキティから離れるものの、キティを助けに通りまで出てくる人がいないことを確認すると、アパートの建物内にある階段によろめきながらたどりついたキティに追いつき、再度彼女を刺して殺害した。
キティが最初に助けを求めてから死に至るまでには20分ほどの時間があり、誰かが1人でもすばやく駆けつけていれば、キティの死を防ぐことができた可能性がある。
この事件の直後には、事件を目撃した者が38人いたと報道され、そのうちの誰1人としてキティを助けなかったことが、社会に大きな反響をもたらした。(目撃者の数は実際には少なく、危険を伴う緊急事態だと認識できた者はさらに少なかったとされる)
解釈の1つは、都会人の冷淡さや臆病さであり、事件に巻き込まれるのを恐れた都会の人々がキティを見殺しにしたというものであり、彼らには思いやりや道徳心が欠如しているという主張がなされることもあった。
ラタネダーリーはこれらの解釈を否定し、そのような解釈は、都会人や現代社会といった一部の短絡的に注目しているだけであり、緊急事態が発生しているその状況で何が起こっていたかを詳細に分析していないと批判した。
ラタネダーリーは、1960年代後半から実験や調査を繰り返すことで、緊急事態が起こる状況を詳しく分析し、多数の人がいても援助がなされない理由を明らかにしていった。

2.研究、本の内容紹介

『冷淡な傍観者』の中で解説される実験は12あり、いずれも興味深いものである。

(1)てんかん発作の実験

この実験にニューヨーク大学の学生72名(女性59名、男性13名)が1人ずつ参加した。
参加者は小さな個室に通されたあと、まずは研究の目的と方法について偽の説明を受けた。
真の目的は、特定の状況における援助活動について調べることであり、各実験において実際に参加している真の参加者は1人だけであった。
真の参加者に聞こえてくる他の参加者の声は、すべてあらかじめ録音されたものであり、真の参加者のマイクは、他の参加者の声が聞こえている間も常にオンの状態にあった。
この状況で話者の1人に緊急事態が発生すれば、真の参加者は自分の他にその事態を把握している人がどのくらいかをわかっているものの、緊急時に彼らがどのように反応しているかはわからない。
この点でてんかん発作の実験は、キティ・ジェノヴィーズ事件の状況に似ているのである。
発作を起こすことになる病人役の参加者は最初の話者であり、続いて他の参加者が話者となり、真の参加者が話者となる順番は最後にまわってくるようになっていた。
先述したように、真の参加者を除き、話者の声はテープで録音されたものが流されていた。
ここで流させるテープは3種類あり、でーぷで話者となる参加者の人数が操作されていた。
全員が自分の個人的な問題を話し終えると、次に彼らはそれらの問題に対する感想を再度同じ順番で述べていくことになっていた。
そこで、再び病人役が話者となって最初に話し始めるが、彼は途中で発作のような症状を起こし、喘ぎながら助けを求めた。
その音声には、苦しそうな生きとともに、「発作なんだ」「死ぬ」などの緊急性の高い言葉も含まれており、深刻な発作であることが真の参加者に十分伝わる内容であった。
発作が始まってから真の参加者がどのような反応を取るかが観察されるが、この実験でとりわけ重視された反応は、発作の開始時点から真の参加者が自分の個室を出るまでに経過した時間である。
真の参加者は自分のマイクがオフになっていると思い込んでいるため、発作を起こした参加者を助けるためには個室の外に出なければならない。
真の参加者が個室を出た場合には、老化で待機している研究スタッフに緊急事態の発生を伝えることができる。
発作から6分が経過しても真の参加者が個室から廊下に出なかった場合には、そこで実験が打ち切られ、スタッフが真の参加者に本来の研究目的を説明した。
結果は極めて明快であり、会話に参加しているとされる参加者の人数が多いほど、個室を出てスタッフに事態を伝えた真の参加者の割合が小さく、個室を出るまでの時間が長かった。
6分以内に個室を出た真の参加者の割合は、病人役と真の参加者が2人だけで会話していたことになている2名条件で100%であったが、3名条件では85%、6名条件では62%にまで低下した(統計的に有意な差が見られたのは2名条件と6名条件)。
病人役の発作は6分間続いたわけではなく、発作役が感想を述べ始めてから2分ほどで音が途切れる設定となっていた。
発作役の様子が聞こえている間に個室を出た参加者の割合は、2名、3名、6名のそれぞれの条件で、85%、62%、31%であり、発作中も条件間の差は顕著であった。
緊急事態の場に居合わせているはずの人の数が多いほど援助行動が抑制されるという現象は、傍観者効果(bystander effct)と呼ばれる。
傍観者効果を見出したラタネダーリーの研究が高く評価されるのは、人が容易に気づくことのできない状況要因に焦点当て、その要因が緊急時の援助という重要な行動にまで影響することを、実験を通して明らかにした点にある。

お問い合わせはお気軽に!

ご不明・ご不安な点など、
何でもお気軽にお問い合わせください。

TEL: 093-981-0244 093-981-0244
営業時間: 10:00~19:00 不定休(カレンダー参照)