スタッフブログ
blog

北九州市の研修講師/目標達成に向けて動く

T・O・T・E・モデル

テストと修正を繰り返す

目標を的確化した後は、目標達成に向けて動いていきます。

NLPは、その効果的なプロセスを「T・O・T・E・モデル」としてまとめています。

TはTest。現在の状況と、望ましい結果を比較します。

OはOperate(操作・行為)。現状と望ましい結果の差を埋めるための行動を指します。

2つ目のTもTestです。差が埋まったかどうか、もう一度、現状と望ましい結果を比較します。

このとき、差が埋まっていたら、EのExit(出口)に向かいます

これは目標達成を意味します。

もし差が埋まっていなければ、またOに戻ります。

最終的に差がゼロになる、つまり目標達成にいたるまで、TestとOperateの作業を繰り返して別の行動をとっていくのです。

T・O・T・E・モデルは日常にも使える

T・O・T・E・モデルはまさに「失敗は、ない」というNLPの前提の具体例です。

Testによって明らかになった現状と目標の差はフィードバックであり、貴重な情報収集です。
それをもとに、Operateの作業を行い、またTest。
この作業を繰り返していれば、いつかは必ず目標にたどり着ける。

そう考えたら、一見失敗に見えるような状況であっても、落ち込むことはなくなるでしょう。

お問い合わせはお気軽に!

ご不明・ご不安な点など、
何でもお気軽にお問い合わせください。

TEL: 093-981-0244 093-981-0244
営業時間: 10:00~19:00 不定休(カレンダー参照)